• 産後ママ/育児 image

    ガスケール 杏子 ガスケール 杏子

    2015.07.01

    赤ちゃんがこんな合図送ってくれたら嬉しい! 赤ちゃんサイン導入編
    タグ: , ,

     
    前コラムでは、赤ちゃんサイン位置づけや、開始時期などについてご説明しました。
    ここでは、実際に良く使われるサインを3つご紹介します。実際のサインを見ることで、決して難しいものではなく、むしろ生活に密着したものであるとお分かり頂けると思います!

    ミルク (おっぱい)

    milk

    ■ ■ ■ サイン■ ■ ■
    片手を胸の前で、ゆっくりグー・パーする。

    ■ ■ ■ 使い方 ■ ■ ■
    「ミルクを飲みましょうねー」「おっぱいがほしいのかなー」と話しかけながら、使ってみましょう。特に授乳中は機会が多いので、比較的赤ちゃんが覚えやすいサインです。

    サインができるようになると、おっぱいが欲しい時に赤ちゃんが泣かずに知らせてくれます。授乳が終わってからも、牛乳が欲しい時に使えるので、長く使えますよ。
     

     

    もっと

    more

    ■ ■ ■ サイン■ ■ ■
    両手の指先を軽くすぼめて、胸の前で指先同士をトントンと触れ合わせる。

    ■ ■ ■ 使い方 ■ ■ ■
    「もっとおっぱい飲む?」「もっと遊ぶ?」と聞く時に、サインを用いましょう。

    このサインは、遊びだけでなく、食事にも大活躍です。特に、パパが一人で赤ちゃんにミルクや離乳食をあげる場合、赤ちゃんが自分で食べる量を知らせてくれるので、大助かり。「おしまい」のサインを一緒に覚えると、メリハリがつき、効果的ですよ。

     

     

    嬉しい

    fun

    ■ ■ ■ サイン■ ■ ■
    両手の平を広げ、で胸からお腹にかけて上下になでます。

    ■ ■ ■ 使い方 ■ ■ ■
    遊んだ後、笑った後などに、「嬉しいねー」と笑いかけながら使いましょう。パパママが楽しそうに笑いながら使わなければ、嬉しいのサインが伝わりませんので、満面の笑みで!

    赤ちゃんが嬉しいのサインを使ってくれると、パパママの育児満足度が格段に上がります。大人同士でも、「嬉しい」と素直に言われると、心に響きますよね。

     

     

    ここではよく使われる3つのサインをご紹介しました。他にも沢山のサインがありますので、使え始めると、複数のサインを組み合わせることもできる様になりますよ。厳密にはサインに決まりはありません。ご自分で考えてもいいですし、サインにアレンジを加えたり、クラスや本を参考にするのもお勧めです。anzuccoでも、赤ちゃんサインクラスを開催しています。赤ちゃんが行いやく、やりたがるようなサインを見つけて上げるとスムーズですよ。

    サインは、あくまで、親子のコミュニケーションをスムーズにするツールの一つです。特に、取り入れ初めて、すぐに出来る様になるものでもありません。できない、とがっかりしたり、躍起になることなく、気長に取り組んでみて下さい。毎日のように成長する赤ちゃんですから、ある日突然、サインで意思表示をするようになってくれます。

    class

     

    anzuccoは、産前産後の女性を対象とした、出張ケア専門のサロンです。

     

     

    ガスケール 杏子
    ・所属/役職:anzucco代表

    ・略歴:大学卒業後、外資系投資銀行にて、株式調査に従事。仕事/プライベートを通じて、海外で広く普及している、産前産後女性を対象としたサポートを知る。日本における産前産後ケアの必要性を強く感じ、投資銀行を退職、2014年anzuccoを設立、代表を務める。

    ・専門:IHTAヨガインストラクター、IHTA産前産後ヨガインストラクター、チャイルドボディセラピスト

    ・モットー:It better to be a human being dissatisfied than a pig satisfied; better to be Socrates dissatisfied than a fool satisfied. (満足した豚であるより、不満足な人間であるほうがよい。満足した馬鹿であるより、不満足なソクラテスであるほうがよい。) - J.S.Mill

  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産前産後ケア
  • 産前産後ケア
  • Facebook

  • family photo shooting
  • family photo shooting

JOIN US NOW

Facebook

Access Ranking

pagetop