• 産後ママ/育児 image

    山口 真弓 山口 真弓

    2015.10.29

    管理栄養士レシピ:10月離乳食 - 楽しいハロウィンレシピ【かぼちゃ、りんご】
    タグ: , ,


    今回の旬食材【かぼちゃ、りんご】

    離乳食 旬食材4

    10月31日はハロウィン。
    毎年10月31日に行われる、古代ケルト民族が起源とされるお祭りのこと。
    もともとは秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す宗教的な意味合いがありますが、現代は民間行事として、本来の意味合いはほとんどなくなっています。

    かぼちゃをくりぬいた中にろうそくを立てて「ジャック・オ・ランタン」を作ったり、魔女やお化けに仮装した子どもたちが近くの家を訪ねて「Trick or Treat」と言いながらお菓子をもらう風習などがあります。これは祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子をまねたものとされています。

    そこで今回の離乳食もハロウィン仕様にしてみました。
    ハロウィン仕様の抜き型やペーパー用品などを使いながらお子さんと一緒にハロウィンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

    ■ かぼちゃ ■
    ハロウィンでよく使用される「かぼちゃ」ですが、かぼちゃの収穫時期をご存知ですか? 1年中出回るイメージがありますが、国産のかぼちゃの収穫は夏場がピークです。貯蔵されて、これからの時期に甘みが増しておいしくなります。貯蔵性が高く、冬至にかぼちゃが食べられるのはこの時期に貯蔵が効く数少ない緑黄色野菜であるからとも言われているんですよ!

    甘味があり、加熱もしやすいので離乳食の初めから使うことができる食材です。さつまいもなどの下ごしらえと同様に、冷凍保存用袋に薄く伸ばしいれ、1回分ずつ端で筋目をつけて冷凍しておくと、ポキポキと必要な分だけ取り出して解凍でき便利です。初めは皮を除いて使いますが、カミカミ期頃からはやわらかめの皮ならつぶして使うことができます。

    かぼちゃは代表的な緑黄色野菜で、β-カロテンが豊富に含まれています。粘膜や皮膚の抵抗力を高め、風邪予防に効果的です。さらに身体を酸化から守る抗酸化作用もあり、黄・オレンジ色が抗酸化作用の証です。加えてビタミンCビタミンEポリフェノールなどの抗酸化成分も含まれているので、抗酸化力の高い野菜です。赤ちゃんにも食べやすい食材なので風邪や感染症に罹りやすいこれからの時期には欠かせないものになるのではないでしょうか。

    風邪をひいたたきや体力のないときにはかぼちゃのポタージュがおすすめ!!身体を温めてくれ、体力を回復させてくれますよ!また、かぼちゃには水溶性の食物繊維も多く、便秘予防や改善に役立ちます。

     

    ■ リンゴ ■
    りんごの旬は品種にもよりますが秋から冬。

    生のままシャクシャク感を楽しむのも良いし、甘く煮たりんごもおいしいですよね。また風邪をひいたときにはすりおろしりんごを食べる方も多いのでは!?そんなすりおろしたりんごは、赤ちゃんの胃腸にもやさしく離乳食の初めから使うことができます。ただ、気をつけてほしいのは、アレルギーの心配があること。口の中のかゆみや喉のイガイガ感などの症状が出る場合はアレルギー症状かもしれません。気になる場合は、加熱したものを、様子を見ながら少しずつあげましょう。

    りんごにはクエン酸リンゴ酸といった有機酸を多く含み、疲労回復胃腸の調子を調える効果があり、皮には「リンゴポリフェノール」が多く含まれ、疲労回復効果活性酸素を抑える抗酸化作用があります。風邪のときに食べることが多いのはこんな働きがあるからなんですね。

    さらに、ペクチンという食物繊維も多く含まれているので腸の調子を整え、便秘や下痢に効果的です。離乳食が始まると便秘や下痢になる赤ちゃんが多いのですが、りんごは便秘にも下痢にも効果のある果物です。お腹の調子が悪いときにはりんごを使ったメニューを取り入れてあげると良いですね。

     

    ここから先のコンテンツは、サイトのメンバーに制限されています。
    ユーザーの方はログインしてください。

    ログインはこちらから
     ログイン状態を保存する  
    新規ユーザー登録はこちらから
    *必須項目
  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産前産後ケア
  • 産前産後ケア
  • Facebook

  • family photo shooting
  • family photo shooting

JOIN US NOW

Facebook

Access Ranking

pagetop