• 産後ママ/育児 image

    山口 真弓 山口 真弓

    2016.05.13

    管理栄養士レシピ:5月離乳食 - 春野菜の代表食材【きぬさや・スナップエンドウ、わかめ】
    タグ: , ,


     

     

    【今回の旬食材 きぬさや・スナップエンドウ、わかめ】

    離乳食 旬食材1

    ■ 絹さや・スナップエンドウ ■
    絹さや・スナップエンドウは「春野菜」の代表格。スナップエンドウが店頭に並び始めると「もう春なんだ!」と感じます。いずれも、えんどう豆の若いさやを食べる品種。絹さやは実が成長していない若いさやを食べ、スナップエンドウは絹さやとはまた品種が異なり、成長しても実がかたくならず、成長した実をさやごと食べます。さらに実が成長すると、さやはかたくなり食べることが出来ず、実のみを食べるグリーンピースとなります。

    シャキシャキ感を楽しむ食材ではありますが、やわらかく加熱してあげれば赤ちゃんも食べることができます。絹さやはモグモグ期頃から、スナップエンドウはカミカミ期頃からOKです。スナップエンドウの実の部分だけを取り出し、薄皮をむいてペースト状や細かく刻めばモグモグ期頃から使うこともできます。

    さやも一緒に食べる絹さやとスナップエンドウは他の豆類に比べてビタミン類が豊富に含まれており、緑黄色野菜でもあります。風邪予防や疲労回復に効果的ビタミンCや、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用や発がん性物質の毒性を軽減するβ-カロテン糖質のエネルギー代謝を促進するビタミンB1、成長ビタミンと呼ばれ、赤ちゃんと子どもの発育を助けるビタミンB2などのビタミンを含みます。また、カリウムなどのミネラルも含んでいます。絹さやは特に飾りや彩りとして使うが多いですが、是非主役に取り入れてしっかりと栄養補給してみてくださいね。卵炒めや卵とじ、豚肉と一緒に炒める、みそ汁の具などがおすすめですよ。

     

    ■ わかめ ■
    わかめと言うと、乾燥わかめを使うご家庭が多いかと思いますが、実は、生のわかめは「春」が旬なんですよ。食感が全然異なり、生わかめのほうが断然おいしいです。是非旬の時期に味わってほしいなと思います。生わかめは日持ちがしませんが、冷凍保存が可能です。2-3日で食べ切れない場合は1回分を小分けにして冷凍ストックしておくと便利です。

    赤ちゃんにはモグモグ期頃から使うことができます。そのままだと食べづらいのでお粥と混ぜたり、ハンバーグなどの肉だね、おやきなどに混ぜ込んで使うのがおすすめです。塩蔵ものは塩分を抜くのに手間がかかりますので、「生」のものを使ってくださいね。

    わかめには、ヨウ素をはじめとした、カルシウムカリウムなどのミネラルが多く含まれています。特にヨウ素は基礎代謝を活発にし、甲状腺ホルモンの生成にはなくてはならないもので、脳の発育にも欠かせません。カルシウムは赤ちゃんの骨や歯を丈夫に保ち、カリウムは血液中の水分と塩分を調整するので、むくみ解消にも効果的です。カルシウムはビタミンCと一緒に摂取することでこれらの吸収率が高まるため、絹さややスナップエンドウと一緒にお料理に使えば、旬の味を味わえるとともに栄養価も高まります。

    さらに、ぬるぬる成分の素で、水溶性の食物繊維である「アルギン酸」が腸のはたらきを活発にし、便通を促すので便秘にも効果大です。また、カリウム同様余分なナトリウムを排泄する作用があるのでむくみ解消にもつながります。女性やママにとって大敵な便秘とむくみが「わかめ」で解決できるかもしれません。ただ、毎日お椀いっぱいに食べるのは食べ過ぎですので、食べ過ぎには注意してくださいね。ぬるぬる成分の中にはフコイダンという多糖類も含まれ、胃の粘膜を修復する効果もあります。

     

    ここから先のコンテンツは、サイトのメンバーに制限されています。
    ユーザーの方はログインしてください。

    ログインはこちらから
     ログイン状態を保存する  
    新規ユーザー登録はこちらから
    *必須項目
  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産前産後ケア
  • 産前産後ケア
  • Facebook

  • family photo shooting
  • family photo shooting

JOIN US NOW

Facebook

Access Ranking

pagetop