• 産後ママ/育児 image

    山口 真弓 山口 真弓

    2015.12.24

    管理栄養士レシピ:12月離乳食 - ☆盛り付け簡単クリスマスレシピ☆【ブロッコリー 鶏肉】
    タグ: , ,

     

     

    【今回の旬食材 ブロッコリー・鶏肉】
    離乳食 旬食材4

    12月25日はクリスマス。
    お友達やご家族と一緒にクリスマスパーティーを開かれる方も多いのではないでしょうか。
    お子さんが出来て初めてのクリスマス!というご家庭も多いですよね。
    そんなワクワク☆ドキドキなクリスマスをお子さんと一緒に楽しんでいただけたらと思い、今回の離乳食レシピはクリスマス仕様にしました。
    クリスマス仕様の型抜きを使ったり、ツリー、リースなどクリスマスならではのアイテムに見立てた赤ちゃんも楽しめる離乳食をご紹介します。

     

    ■ 鶏肉 ■
    クリスマスと言ったら「チキン」という方も多いですよね。
    鶏肉はモグモグ期頃から使える食材です。はじめて食べられる肉類が「鶏肉」ですね。中でも低脂肪でやわらかい鶏のささみや調理しやすいひき肉がおすすめ。ささみは沸騰した湯で1分ゆでて火を止め、あとは蓋をして7-8分余熱で火を通すとしっとりふっくらと仕上がります。それをすりおろして、野菜と和えたり、そぼろあんなどにします。カミカミ期頃以降はほぐし身にしましょう!胸肉やもも肉もささみの大きさ位に細長くカットしたものを同様にゆでれば、同じように離乳食に使うことができます。ひき肉は以前ご紹介したゆで方をするとしっとりとした鶏ろぼろに仕上がります。手づかみが出来るようになる頃にはハンバーグやお焼きにすると食べやすくなりますね。

    鶏肉には何といっても良質なタンパク質が含まれています。一方、牛や豚に比べて脂肪分が少ないのが特徴です。これは牛肉や豚肉よりも早い時期に与えることが出来る理由でもあります。部位によって栄養価は異なりますが、全体的に高たんぱく質・低脂肪のヘルシーなお肉です。

    皮膚や目・鼻・のど・胃腸などの粘膜を正常に保ち、免疫力を維持するビタミンA成長ビタミンと呼ばれるビタミンB2粘膜や皮膚を健康に保ち、血行を促進するナイアシンなどが含まれています。
    この時期は風邪や感染症が流行る時期。免疫力を高めるためには免疫細胞の素である良質なタンパク質を摂る必要があります。疲れを感じていたり、寝ても疲れが取れない…そんな方はタンパク質が不足し、免疫力が下がっている証拠です。しっかりとタンパク質を摂ることが元気になれる秘訣ですよ!!

     

    ■ ブロッコリー ■
    えぐみが少なく、甘味もあるブロッコリーは、緑色の野菜の中でも食べやすい食材ですよね。1年中出回りますが、最もおいしい旬の時期は11月~3月頃です。やわらかくなりやすく調理もしやすいのでゴックン期から使うことができます。鮮度が落ちやすいので、買ってきたら早めに下ごしらえをしましょう。おすすめの加熱方法は「蒸し焼き」。フライパン1-2cm高さの水を注いで沸騰させ、蓋をして3分程蒸し焼きにします。離乳食に使う分だけ長めに加熱すると、大人用と一緒に下ごしらえすることができます。軸を捨ててしまう方が多いのですが、捨てるのはもったいない!軸も厚めに皮をむいてスティック状にしてから一緒に加熱しましょう!手づかみ食べにもおすすめです。

    ブロッコリーには免疫力を高め風邪予防に効果的ビタミンC・E・β-カロテン、赤ちゃんの成長を促進する葉酸、骨の健康を保つビタミンK・カルシウムが豊富に含まれています。メニューにブロッコリーを加えるだけで栄養価が高くなり、見た目も鮮やかにおいしそうに見えます!!おまけに葉物野菜よりも食べやすいというのが良いところです。緑色の野菜の中で唯一食べてくれる野菜!というお子さんも多いんですよ!我が子たちはブロッコリー好きで蒸し焼きしたものをそのままモリモリ食べてくれます。お弁当の隙間おかずとしても大活躍してくれるブロッコリーです。穂先がボソボソして食べられない…というお子さんも多いですが、下ごしらえの仕方やオーガニックか否かでも食べ方が違ってきますよ!是非栄養満点のブロッコリーを旬の時期にたくさん味わっていただけたらと思います。

     

    12月レシピ タイトル2512月レシピ タイトル2612月レシピ タイトル2712月レシピ タイトル28

     

    ゴックン期 (5-6ヵ月)

    12月レシピ タイトル29

    ツリーパンかゆ
    ツリーかゆ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    8枚切り食パン 1/6枚
    粉ミルク 大さじ2
    ブロッコリー 20-30g程度(2-3房)
    かぼちゃ  適量
    人参 適量

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    1. 食パンは耳を切り落と、細かく手でちぎって小鍋に入れ、湯で溶いた粉ミルクを入れて浸しておく。パンがやわらかくなったら火にかけ、1-2分煮る。パンかゆは出来上がり
    2. ブロッコリーはやわらかく加熱し、穂先をなめらかにすりつぶす。
    3. かぼちゃ、人参はやわらかく加熱し、それぞれペーストにする。
    4. 器に(1)を盛り付け、ツリー形の型抜きを使って(2)のペーストをのせる。
    5. かぼちゃペーストや人参ペーストでツリーにデコレーションする。

    ※かぼちゃや人参はトマト、さつまいもなどでもOK。

     

    モグモグ期 (7-8ヵ月)

    12月レシピ タイトル30

    ヒイラギのポタージュ

    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    じゃがいも  20g(小1/4個)
    牛乳 大さじ1
    野菜スープ 大さじ1
    ブロッコリー 20g(2房)
    パプリカ 適量

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    ひいらぎ1. じゃがいもはやわらかく加熱し、ペースト状にする。
    2. (1)に牛乳、野菜スープを加えひと煮立ちさせる。ポタージュは出来上がり
    3. ブロッコリーはやわらかく加熱し、穂先をみじん切りにする。
    4. パプリカは種とわたを取り除いて、やわらかく加熱し、皮をむいてみじん切りにする。
    5. 器に(2)を盛り付け、ヒイラギ形の型抜きを使って(3)のブロッコリーをのせる。
    6. ヒイラギの実の部分に(4)のパプリカをのせる。

    チキンリゾット
    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    7倍粥 50g
    鶏ひき肉 10gゆでてソボロ状に
    玉ねぎ 10g(1cm幅のくし形切り)みじん切り
    野菜スープ 大さじ2

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    リゾット1. 鶏肉は水からゆでてそぼろ状にする。
    ※ぱさぱさしないそぼろの作り方は (こちらをご参照下さい)
    2. 玉ねぎはやわらかく加熱し、みじん切りにする。
    3. 小鍋に7倍粥、(1)、(2)、野菜スープを入れてひと煮立ちさせる。

    ※冷凍ストックしてある野菜を加えてもOK
    ※少量の醤油や塩で味付けしてもOK

     

     

    カミカミ期 (9-11ヵ月)

    12月レシピ タイトル31

    トマトパスタ
    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    スパゲティ(乾) 20g
    玉ねぎ 10g(1cm幅のくし形切り)
    鶏ひき肉 20g
    オリーブオイル 小さじ1/2
    トマト缶 大さじ3
    昆布水 大さじ1
    味噌、砂糖 少々
    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    スパゲティ1. スパゲティは1-2cm長さに手で折り、やわらかくゆでて水気を切っておく。
    2. 玉ねぎはみじん切りにする。
    3. 小鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。
    4. 鶏肉を加え、そぼろ状になるまで炒める。
    5. トマト缶、昆布水、味噌、砂糖を加えて5分程煮込む。
    6. (1)を加え、ソースをからめる。

    ※スパゲティはゆでてから包丁やキッチンバサミで刻んでも良い。
    ※トマトソースに塩・こしょうを加えれば大人も一緒に食べられます。大人は仕上げに粉チーズやパセリを添えて。

    ブロッコリーツリー
    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    じゃがいも 20-30g(小1/4個)
    マヨネーズ 少々
    ヨーグルト 少々
    ブロッコリー 20-30g(2-3房)
    パプリカ赤・黄、人参  適量

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    ツリー1. じゃがいもはやわらかく加熱し、粗くつぶす。マヨネーズとヨーグルトを加えポテトサラダにする。
    2. ブロッコリーはやわらかく加熱し、穂先を中心に食べやすい大きさに切る。
    3. パプリカ、人参はやわらかく加熱し、型抜きで黄パプリカを星形する(1個)。赤パプリカや人参をツリーの飾りにする。ストローで丸形に型抜きしたり、包丁で小さく刻む。
    4. 皿に(1)のポテトサラダを円錐状に盛り付け、(2)のブロッコリーをポテトサラダが隠れるようにのせる。
    5. 星形の黄パプリカをツリーの一番上に飾り、刻んだパプリカや人参を飾る。

    ※黄パプリカはさつまいもでもOK

     

    【いも類は炭水化物?野菜?】
    じゃがいもやさつまいもなどのいも類はレシピでは炭水化物の一部としてそれらを使う場合には粥やパン、麺類の量を減らしています。
    ですが、1歳を過ぎてくると食べ物以外にもあらゆるものの「好き嫌い」が出てきます。すると、今まで食べられていたものが食べられなくなることが多いのです。食べられなくなるもので一番多いのが「野菜」。野菜は甘味もありますが苦味やえぐみがあるものも多いです。味覚が発達し、今まで感じることのなかった味覚が分かるようになって好き嫌いが出てくることも多いです。野菜が食べられないお子さんでもいも類は好き!という子もいますよね。そんなお子さんにとっては、いも類が貴重なビタミン源です。炭水化物の一部と考えず、いも類もおかずとして取り入れてOK。いも類を使いながら食べられるものを増やしていきましょう!

    パンのリース
    パンリース○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    6枚切り食パン 適量
    ブロッコリー、パプリカ、人参など 適量

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    1. 6枚切り食パンを丸形の型抜きで2枚型抜きする。1枚はトーストする。1枚は包丁で中央に円く切り取る。(太めのストローを使うと型抜きすると作りやすい)
    2. ブロッコリーやパプリカ、人参はやわらかく加熱する。ブロッコリーはペースト状にしたり、小さく刻む。黄パプリカなどの黄色い野菜で星形を作る。人参や赤パプリカは包丁などで小さく刻む。
    3. 型抜きしたパンに、星形のパプリカ、刻んだブロッコリーや人参、パプリカを飾りリースにする。

     

    パクパク期 (12-18ヵ月)

    12月レシピ タイトル32

    雪だるまサンタ
    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    白ご飯 80g
    塩 少々
    ミニトマト 1個
    焼きのり 適量
    人参 適量
    カニカマ 1-2本
    ケチャップ 適量

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    ゆきだるま1. 皿に味付けした白いご飯を雪だるまの形に盛り付ける。
    2. ミニトマトを横半分よりも下の部分で切り、帽子にする。ご飯を帽子のポンポンにする。
    3. カニカマは沸騰した湯に1分程浸けておく。キッチンバサミや包丁を使い、マフラーを雪だるまに付ける。
    4. やわらかく加熱した人参で鼻、焼きのりで目を作り、雪だるまの顔を作る。仕上げに
    ほっぺの部分にケチャップをつまようじなどでのせる。

    ※雪だるまの体に他の野菜を使ってボタンを付けても可愛く仕上がる。

    チキンナゲット
    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    鶏ひき肉 20g
    玉ねぎ 5g(5mm幅のくし形切り)
    ひじき 戻してひとつまみ
    塩 少々
    砂糖 ひとつまみ
    薄力粉 適量
    油 適量

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    チキンレッグ1. 玉ねぎはみじん切りにする。ひじきは多めの水でよく戻し、電子レンジで1分加熱する。
    2. ボウルに(1)、鶏ひき肉、塩、砂糖を入れて粘りが出るまで良く混ぜる。
    3. 2等分し、チキンレッグの形に整える。
    4. 薄力粉を全体にまぶし、油を熱したフライパンで焼く。
    5. 持ち手の部分にアルミホイルを巻く。

     

    【砂糖っていつから使って良いの?】
    砂糖などの甘味料はカミカミ期頃から使うことができます。
    ただし、質の良いものを使うこと。
    出来るだけ精製度の低いものを選びましょう!白砂糖(上白糖)よりもきび糖がおすすめです。純度100%のはちみつやメープルシロップも甘味料として使うことができますが、はちみつは1歳前に使用してはいけません。まれに加熱しても死滅することのないボツリヌス菌がはちみつに含まれていることがあるからです。便秘や倦怠感、元気がないなどの症状が出たり、最悪死に至る危険性もあります。抵抗力の弱い時期に与えることのないようにしましょう!1歳を過ぎてからも多量に使うことのないように、量と頻度に注意が必要です。メープルシロップはボツリヌス菌の心配はないので1歳前からでも使うことができます。

    ブロッコリーのリース
    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    ブロッコリー 20-30g(2-3房)
    コーン缶 適量
    ハム 適量
    マヨネーズ 適量

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    リース1. ブロッコリーは茎までやわらかくなるように加熱し、穂先を中心に食べやすい大きさに切る。
    2. ハムは沸騰した湯に1分程浸けておく。星形の型抜きで型抜きする。
    3. 皿に(1)をリース状に盛り付ける。星形のハムをのせ、コーンを飾る。仕上げにマヨネーズをつまようじなどを使ってのせる。

    ※飾りはパプリカや人参、さつまいも、スライスチーズなどでもOK。

    パクパク期はこのプレートに以前ご紹介した野菜スープやポタージュを付けると、ボリュームも出て栄養のバランスも良くなります。

    6月レシピ② キャベツの豆乳ポタージュ
    10月レシピ① ミネストローネ
    10月レシピ③ かぶの豆乳味噌スープ
    11月レシピ③ ミックスビーンズのスープ
    12月レシピ③ ゴロゴロ野菜のスープ

     

     

    山口 真弓
    フリー管理栄養士 - ママとベビー&キッズのための料理教室「スマイル☆キッチン」主宰

    略歴:実践女子大学生活科学部卒業、認知症専門病院にて栄養業務後、結婚・出産を経てフリーランスとなる。

  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産前産後ケア
  • 産前産後ケア
  • Facebook

  • family photo shooting
  • family photo shooting

JOIN US NOW

Facebook

Access Ranking

pagetop