• 産後ママ/育児 image

    山口 真弓 山口 真弓

    2016.04.26

    管理栄養士レシピ:4月離乳食 - お疲れ身体にぴったり旬食材【ニラ】
    タグ: , ,


     

     

    【今回の旬食材 ニラ】

    ニラが美味しく食べられる時期は「春」。葉がやわらかく、香りも強いのでおいしくいただけます。赤ちゃんにはモグモグ期頃から使うことができます。ただ、辛味と独特の香りがあるので、無理に与えなくてもよいでしょう。ハンバーグや餃子などの肉だねの中に入れて使うと食べやすくなります。

    独特の香りのもとは「硫化アリル」という成分によるものです。硫化アリルは、糖質のエネルギー代謝を促進するビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に効果があります。ビタミンB1を含む豚肉やレバー、豆類などと一緒に摂るのがおすすめです。レバニラ炒めはスタミナメニューの代表格ですが、この理由は「レバー(ビタミンB1)×ニラ(ビタミンB1の吸収を高める)」の組み合わせだからなんですね。また、硫化アリルは長ねぎや玉ねぎにも含まれている成分で、体内に入った有害物質を包み込んで無毒化する作用もあります。デトックス効果の高い食材でもあります。

    さらに、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用発がん性物質の毒性を軽減するβ-カロテンが含まれています。β-カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を正常に保ち、免疫力を高めます。同じく強い抗酸化作用のあるビタミンEも含まれ、活性酸素を除去し、過酸化脂質の生成を抑え身体を守ってくれます。血液中の塩分と水分のバランスを調整するカリウムなどのミネラルもバランスよく含まれています。

    身体がお疲れ気味のときは「ニラ」料理で体調を整えてみましょう。

     

     

    ゴックン期 (5-6ヵ月)

    3月レシピ タイトル29

    おかゆのしらすのせ

    しらす○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    10倍かゆ 大さじ2
    しらす 小さじ1

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    1. しらすは茶こしや味噌ときに入れて湯で洗う、または湯をかけて塩分抜きをする。
    2. (1)をなめらかにすりつぶし、器に盛った10倍粥と混ぜ合わせる、または10倍粥の上にのせる。

    ※しらすの食感が食べづらい場合は白湯でのばす。

    ブロッコリーのとろとろ
    ブロッコリー○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    ブロッコリー 10g(1房)
    じゃがいも 10g
    昆布水 大さじ1~

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    1. ブロッコリーはやわらかく加熱し、穂先をなめらかにすりつぶす。
    2. じゃがいもはやわらかく加熱し、マッシュする。
    3. (1)、(2)を混ぜ合わせ、とろとろになるまで昆布水でのばす。

     

    【全然食べてくれない…どうしたら良い?】
    ゴックン期は、いろんなものを試して食べることになれる時期なので、食べる量は気にしなくてOKですが、こんなことも振り返ってみましょう。
    ・始める時期は合っていた?
    ・なめらかなペースト状のものを与えている?
    ・食べさせ方は正しい?

    1)始める時期は合っていましたか?
    始めるタイミングが早かったので食べないのかもしれません。

    首や腰のすわりは食べる量に影響します。
    上半身の姿勢が一定に保てないと固形物を飲み込むことが難しいのです。
    首がしっかりとすわり、自分の手をついたり、支えがあれば座っていられるようになる頃が離乳食を始めるサインです。

    また、「スプーンを当てても嫌がらない!」などの哺乳反射の減少が見られていたか。
    哺乳反射は、口に形のあるものを入れようとすると舌で押し出してしまう働きです。
    ですので、口から形のあるものを食べる離乳食にはこの反射が弱くなる必要があります。この反射は、生後4,5ヶ月頃から少なくなってくるものなので、口角や上下の唇を触ったり、口の中に指を入れて嫌がるしぐさがなければ離乳食を始めるサインになります。

    お友達が始めたから…5ヶ月になったから…
    というタイミングで始めた赤ちゃんたちは食べる準備が出来ていなかったので食べられないのかもしれませんね。その場合は、赤ちゃんの身体の仕組みが整うまで焦らずに待ってあげましょう。

    2)なめらかなペースト状のものを与えていますか。
    舌触りや口当たり、のど越しが苦手で食べないのかもしれません。

    この時期は、舌の前後運動で飲み込むので、口に入ったらそのまま飲み込めるなめらかなペースト状にしてあげましょう!

    3)食べさせ方は正しいですか。
    せっかくの離乳食も食べさせ方が悪くて食べないのかもしれません。

    上体が傾いているほうがのどに食べ物を送りやすく、ゴックンしやすいです。
    直角の姿勢ではなく、上体を倒してみましょう。

    スプーンの使い方もママ達を見ているとさまざまですが、
    下唇の上にスプーンを置いて、赤ちゃんが口を閉じるのを待つだけでO.K.です。
    ついつい、食べて欲しくて口の中に押し込んでしまいますが、これでは「食べ物を自分で口の中に取り込む」という咀嚼機能が発達しません。

    食べる量はより少なくなってしまうかもしれませんが、赤ちゃんの食べる力を信じて、サポートしてあげるようにしましょう。

     

     

    モグモグ期 (7-8ヵ月)

    3月レシピ タイトル30

    大根のおかゆ
    大根粥○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    7倍粥 50-80g
    大根 20g(5mm幅の輪切り)
    醬油 少々

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    1.大根はやわらかく加熱し、2-3mmのみじん切りにする。
    2. 小鍋に(1)、7倍粥、醬油を入れ、ひと煮立ちさせる。

     

    【醤油…少々 醤油…耳かき一杯程度 ってどれ位?】 
    レシピでよく見かける「醤油…少々」「耳かき一杯程度」これってどれくらい入れたらよいの?と疑問に思う方が多いと思います。
    そんなときは「醤油スプレー」が便利です。
    100円ショップにも売っている化粧品の詰め替えスプレー容器に醤油を入れて使います。
    少量の離乳食に醤油をスプーンに少量入れて調味するのってかなりわずらわしいですよね。スプレーを使うとそのわずらわしさが解消されますよ!

    ツナとニラのとろとろ煮
    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    ツナ缶 10g
    ニラ 10g(2-3本)
    人参 5g(5mm幅の輪切り)
    昆布水 大さじ2
    片栗粉 小さじ1/4

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    ツナとろ1. ツナ缶は茶漉しに入れ、熱湯を回しかけて塩&油抜きをする。細かく刻む。
    2. ニラと人参はやわらかくなるまで加熱し、みじん切りにする。
    3. 小鍋に(1)、(2)、昆布水、片栗粉を入れ、かき混ぜながら煮立たせ、とろみをつける。

    ※とろみ具合はお子さんに合わせて調節してください。
    ※ツナ缶は食塩やオイル無添加のものを使うと便利です。
    ※白身魚、鮭でもOK。

     

     

    カミカミ期 (9-11ヵ月)

    3月レシピ タイトル31

    ニラ玉丼
    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    軟飯80-90g
    ニラ 20g(4-6本)
    しめじ 10g(5-6本)
    ツナ缶 小さじ1
    卵 1/2個
    だし汁 大さじ4
    醤油 小さじ1/4

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    ニラ玉1. ニラは5mm幅に切る。しめじは細かく刻む。ツナ缶は汁気を良く切る。
    2. 小鍋にだし汁、しめじを入れてやわらかくなるまで煮る。
    3. ニラ、ツナ缶、醬油を加えて1-2分煮る。
    4. 溶いた卵を回し入れ、蓋をして1分程、卵が固まるまで煮る。
    5. 軟飯を器に盛りつけ、(4)をかける。

    ※生卵はタンパク質の中で最も消化しにくいので、卵はしっかりと加熱しましょう。

     

    【きのこの旨味でおいしさアップ!】
    しめじやしいたけなどのきのこには「グアニル酸」「グルタミン酸」などの旨味成分が含まれています。他に遊離アミノ酸や糖類などと合わさり、相乗効果によってきのこの旨味が生じます。グアニル酸は昆布に多く含まれる旨味成分のグルタミン酸と一緒になると、数十倍に旨味が強くなります。きのこ料理に昆布水を使うと、とてもおいしくなるということですね。肉・魚などのイノシン酸とのかけ合せでも味の相乗効果が期待できるので、今回のように[しめじ×だし汁]を使うことでおいしいニラ玉丼を作ることができるのです。
    さらに、きのこは「冷凍する」「干す」などによって旨味がアップします。きのこの細胞が破壊され旨味成分を作りやすくするからです。種類によって食感が少々悪くなってしまうものもありますが、細かく刻んで調理するもの、炊き込みご飯に使う、ハンバーグや餃子の肉だねに使うなど食感をあまり気にすることなく、旨味はアップさせたい!そんなときにうまく「冷凍&干しきのこ」を使うと良いですね。

    じゃがいもと玉ねぎのみそ汁
    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    じゃがいも 20g(中1/8個)
    玉ねぎ 10g(1cm幅の輪切り)
    だし汁 大さじ4-5
    味噌 少々

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    1. じゃがいもは7-8mm角に切る。玉ねぎは5mm角に切る。
    2. 小鍋にだし汁、(1)を入れて弱火で煮る。
    3. 野菜がやわらかくなったら味噌を溶く。

     

     

    パクパク期 (12-18ヵ月)

    3月レシピ タイトル32

    のりさんど
    のりさんど○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    ごはん 80g
    焼き海苔 全形1/2枚

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    1. 焼きのりは横半分に切り、2枚の正方形にする。
    2. まな板の上にのりを置き、ごはんを全面に均等にのせる。
    3. もう一枚の海苔ではさみ、キッチンバサミで食べやすい大きさに切る。

    ニラと鶏団子のスープ
    鶏団子○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    ニラ 10g(2-3本)
    ◇鶏団子
    鶏ひき肉 20g
    木綿豆腐 10g
    玉ねぎ 10g(1cm幅の輪切り)
    味噌 小さじ1/6
    片栗粉 小さじ1/4
    だし汁 80-100cc
    塩 少々

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    1. ニラは1cm長さに切る。玉ねぎはみじん切りにする。
    2. ボウルに鶏団子の材料をすべて入れ(豆腐は水切り不要)、粘りが出るまで良く混ぜる。
    3. 小鍋にだし汁を煮立たせ、(2)をスプーンでボウルのふちを使ってまとめながら、コロコロ状に丸め、だし汁に入れる。ニラも加えて一緒に煮る。
    4. 鶏団子が浮いてきたら1分程加熱し、仕上げに塩を加えて味付けする。

    春雨サラダ
    ○ ■ ○ ■ ○ 材料 ○ ■ ○ ■ ○
    緑豆春雨 5g
    ハム 1/2枚
    きゅうり 10g(2cm)
    人参 10g(1cm幅の輪切り)
    ごま油、醬油、酢、白すりごま 各少々

    ○ ■ ○ ■ ○ 作り方 ○ ■ ○ ■ ○
    春雨1. ハム、きゅうり、人参は細切りにする。
    2. 春雨は湯に浸けて戻し、食べやすい長さに切る。
    3. 鍋に湯を沸かし、春雨をゆでる。表示時間よりも長めにゆで、ゆで上がりの2分程前に(1)を入れて一緒にゆでる。
    4. ボウルに調味料を混ぜ合わせ、水気を良く切った(3)を加え、和える。

    ※春雨はしばらく湯につけておいてからゆで始めるとやわらかくなりやすい。
    ※ハムは無塩せきハム、発色剤不使用のものを使用しましょう。
    ※子ども→ハムやきゅうりの具材を味噌ときやだしパックに入れ、春雨と一緒にゆでる
    大人→具材はハムやきゅうりは生のまま、人参は塩もみ(しなくてもOK)
    味付けを強めに。

    このようにすると、味付けも食感もそのままで、子どもと一緒に取り分けすることができますよ!

     

    【春雨っていつから使って良いの?】
    春雨はじゃがいもやさつまいもなどのいものデンプンから作られるものと、緑豆などのデンプンから作られるものがあります。今回は緑豆春雨を使っています。
    いずれも弾力があり赤ちゃんには食べづらいのでカミカミ期位からしっかりと戻して細かく刻んで使いましょう!いもから作られた春雨のほうがやわらかくなりやすいので、初めて使うときはこちらを使うと良いかもしれませんね。
    ○メニュー
    スープや和え物、炒め物
    だし汁をたっぷり吸わせてあげると美味しく仕上げることができます。

     

    【酢はいつから使ってよいの?】
    カミカミ期頃から、風味付けとして使うことができます。無理に食べさせるものではありません。
    赤ちゃんにとって酸味は、腐敗と感じ身体に不要なものをして本能的に嫌がる味です。だから、反射的に口に入れないようにしています。トマトやヨーグルトなど酸味のあるものが食べられないお子さんも多いですよね。それはごくごく自然な反応なのです。酸味は、毎日の食事の中で経験を積むことによって「おいしい!」と感じる味覚です。少しずつ長い目で酸味もおいしいと感じられるように味覚を育てていきましょう!
    山口 真弓
    フリー管理栄養士 - ママとベビー&キッズのための料理教室「スマイル☆キッチン」主宰

    略歴:実践女子大学生活科学部卒業、認知症専門病院にて栄養業務後、結婚・出産を経てフリーランスとなる。

    ここから先のコンテンツは、サイトのメンバーに制限されています。
    ユーザーの方はログインしてください。

    ログインはこちらから
     ログイン状態を保存する  
    新規ユーザー登録はこちらから
    *必須項目
  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産前産後ケア
  • 産前産後ケア
  • Facebook

  • family photo shooting
  • family photo shooting

JOIN US NOW

Facebook

Access Ranking

pagetop