• 産後ママ/育児 image

    辻内 敬子 辻内 敬子

    2015.09.29

    産後ママの悩みNo.1!「肩こり」:鍼灸師直伝!自宅で簡単に出来るつぼ指圧2つ
    タグ: , ,


     

    今回のテーマは「産後の肩こり」です。

     

    授乳や抱っこ紐など、産後女性の肩こりの原因は様々

    産後の女性が訴える最も多い不快な症状は、「肩こり」です。肩こりの90%以上は、長時間の無理な姿勢や慣れない作業、または緊張状態が続いた時です。肩こりを感じる部位は、肩甲上部、頸肩全体で、持続的に凝り感を訴えるママさんが多いです。肩こりと共に、頭痛、眼精疲労、吐き気を伴う場合もみられます。

    産後は、毎日の授乳や抱っこの姿勢が影響し、肩周辺の筋肉が疲労をおこし、肩こりを訴えます。授乳は、お母さんと赤ちゃんが練習して上手になっていきます。その授乳姿勢は、自分の胸元と赤ちゃんの口元を確認するため、首はうつむき、赤ちゃんを抱っこする腕や肩にはおのずと力が入ります。育児や授乳が続く間は、肩こりは続くと思ってください

    また、抱っこひもを使う場合も、「習うより慣れろ」です。慣れて上手になるに従い肩の力が抜けて、赤ちゃんとの触れ合いも自然体になっていきます。さらに、ゆるんでしまった腹筋が戻っていない産後は、お腹を突き出した立ち方で赤ちゃんを抱っこします。背中をそらせ、首は前に倒した姿勢で肩から背筋でバランスを取りますので、腕や肩だけでなく背中も懲ります。筋肉は緊張して硬くなりうっ血を起こし、肩こりの原因になります。

    ここから先のコンテンツは、サイトのメンバーに制限されています。
    ユーザーの方はログインしてください。

    ログインはこちらから
     ログイン状態を保存する  
    新規ユーザー登録はこちらから
    *必須項目
  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • プレママ/マタニティ コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産後ママ/育児 コラムはこちら
  • 産前産後ケア
  • 産前産後ケア
  • Facebook

  • family photo shooting
  • family photo shooting

JOIN US NOW

Facebook

Access Ranking

pagetop